バイオジェニックスという新しい考え方

私たちが元気でいきいきと過ごすためには、腸内環境を整えることは必要不可欠です。腸に良いと、さまざまな食事やサプリを摂られていると思います。


今回は、プロバイオティクス・プレバイオティクス・バイオジェニックスのお話をします。


『プロバイオティクス』は、「生菌として摂取し、腸内フローラのバランスを改善し、健康に有利に働く細胞や酵母」で、乳酸菌、ビフィズス菌、納豆菌、酪酸菌などの生菌やヨーグルトなどの発酵乳や乳酸菌飲料のことです。


『プレバイオティクス』は、「腸内フローラのバランスを改善する難消化性食品成分」で、オリゴ糖、食物繊維が該当します。


さぁ、そして新しいジャンル、『バイオジェニックス』。


腸内フローラを介さず、身体に直接働きかける乳酸菌の生産物質などを指します。死んだ菌も含めて乳酸菌の作り出す物質(代謝産物と菌体成分)が、腸内の免疫機能を刺激することで体全体の機能活性を促し、腸内フローラにも良い影響を与えるというメカニズムです。


バイオジェニックスは直接、腸内細菌に働きかけるのが特徴です。


普段食事に気をつけられている方でも、「便秘気味だ」「体調があまり良くない」との声を聞きます。


日々の食事を、プロバイオティクス・プレバイオティクスの観点から取り入れ、バイオジェニックスで「腸内細菌をダイレクトに元気にする」という腸活をおすすめしています。