手作りビワ葉茶

手作りビワ葉茶 長崎 整体

日本一の生産量を誇る、長崎のビワ。その自然の恵みを、体が喜ぶお茶にしました。

澄んだ紅色にほんのりとした甘みのビワ葉茶。鎮痛に効果があるとされるアミグダリンをはじめ、サポニンやクエン酸など体にうれしい成分がいっぱいのお茶を、ぜひ一度お試しください。
ビワ葉茶新パッケージ  長崎 整体
どこで採れた葉を誰が加工したのかが分かる、安心して飲んでいただける健康茶です。

お店で提供・販売しているビワ葉茶。作っているのは、院長である長田の夫・友光。趣味の彫刻のために作ったアトリエは、凝り性が高じ、今ではそこに手作りの煎り釜が。原材料には、長崎市内に自生するビワの葉を使用。品種改良されていないため、厚みがあり青々とした葉は栄養も豊富です。それを1枚ずつ手で摘み取ったあと、表面のうぶ毛や付着物を擦り落としたら、刻んで天日干しにします。そのあと自家製釜でじっくりと煎れば、すっきりとした混じり気のない茶葉が完成します。産地も生産者も分かっているからこそ、安心してお飲みいただけます。

※8袋入り1,100円にて店内販売もおこなっています。

​家庭で再現!当店秘伝のビワ葉茶の作り方を伝授!

詳しい作り方はこちらから

ビワ葉茶に含まれる成分の作用

●鎮痛作用

アミグダリン(バラ科の植物に多い)

●整腸作用

タンニン(緑茶・紅茶に多い)

●抗炎症作用

サポニン(大豆・人参・ごぼうに多い)

●疲労回復

クエン酸(レモン・梅干しに多い)

●エネルギー補充

ブドウ糖(果物全般に多い)

ビワ葉茶イメージ.png
こんな場所で作っています。
長崎市外海地区の景観
press to zoom
アトリエ周辺の景色
press to zoom
自生するビワの木
press to zoom
青々としたビワの葉
press to zoom
摘んだばかりのビワ葉を細切りに
press to zoom
乾燥前のビワ葉
press to zoom
乾燥したビワ葉
press to zoom
煎り釜
press to zoom
1/1